ALSの氷水バケツリレーチャリティーから考える、当事者からのそれぞれの距離感。

ついつい色んな人たちの動画をみてしまったわけだけど、ぼくとしてはこういうのは良い試みなんじゃないかなと思うわけです。

で、今回のこのチャリティーは、当事者から遠い人たちもいかに巻き込むか、参加しやすくするかということを考えた結果なんだと思う。だから、当事者やそれに近い人たちが複雑な心境になるというのはそれはそれで自然な気もする。軽くて後に続かなそうな一過性のお祭り感、みたいなところに違和感を持つ人だっていると思う。

だけど、やっぱりシリアスさだけでは多くの人は動かないんじゃないかなと思うわけです。

つまりこれは単純に自分と、その病気(障害)との距離感によっても考え方が変わってくるのだと思う。ここで言う距離感っていうのは、物理的な距離そのものもそうだし、感情移入できるかどうかという気持ちの面での距離の両方を指している。

例えば「○○ちゃんを救う会」みたいな、子どもの手術費用を集めるために街頭募金を募って無事手術ができました、みたいなニュースを年に何回かみかけます。こういう寄付の方法がダイレクトに効くのは、やっぱり同じ国の同じ地域で自分と同じように子を持つ親や本人が苦しんでいるという、見えやすさというか想像しやすさというのが、大きいんじゃないかと思う。これがどこか遠くの国の子どもが病気で苦しんでいたとして、同じ方法で募金を募ったとしても、きっと「○○ちゃんを救う会」と同等の金額を集めることは難しいように思う。

ぼくだってだてに1級障害者として生きてないので、そりゃ確かに普通の人より難病や障害で困っている人の気持ちや苦労はわかります。だけど、現時点で自分と関連性が低いけど社会的にシリアスな問題を見せられた時に「ああ、辛いだろうな」とかは思うけど、それが寄付するとかそういう行動につながってるかというとそうでもない。そういったある意味「他人事」な部分っていうのは誰もがもっているわけで、その中でなるべく多くの人に参加してもらおうとしたら、やっぱり「こんなに大変です」っていうアプローチだけじゃ足りないんだと思うんです。

みんな立ち位置は違うし、その対象との関係の深さで意識は全然違うわけで、社会の中の様々な問題に対して、全ての人が同等の理解や想像力を持つというのは無理なわけです。無理に距離を縮めようとせずに、今回のように「楽しい」「おもしろい」からはじまるキャッチーさ重視のチャリティーっていうのは、もっと増えてもいいんじゃないかなと思う。そういう意味でALSと氷水をかぶることに関連性がないのもむしろ良いんじゃないかと思ったわけであります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ALSの氷水バケツリレーチャリティーから考える、当事者からのそれぞれの距離感。』へのコメント

  1. 名前:春の七草 投稿日:2014/08/21(木) 20:47:35 ID:279274d7e

    こんにちは♪
    昨日くらいから、急にyahooニュースでも氷水をかぶるパフォーマンスが取り上げられていて、一気にそのニュースで埋め尽くされていますね。
    たしかに、ちょっとしたお祭り騒ぎになっているようです。
    お祭り騒ぎの要素が強いからこそ、これだけの人が参加して沢山の人がALSという言葉を聞いて、その中には共感して募金した人もいるのだと思います。
    楽しいアイデアはやっぱりアメリカっぽいなぁと思います。
    日本人はやっぱり真面目なのでALSの友人がいてもこういうアイデアは生まれないだろうなぁと思います。
    嫌悪感を示す方もたくさんいるようですが、おっしゃるようにALSの方との距離感も影響するかもしれません。私もALSについて勉強したことがあるし、実際にチラリと見たことがあるのでご本人はどう思うかなっとちょっと心配になっています。

    私は、今の生活に苦労しているのでなかなか募金という行動はできないのですが、今回たくさんの募金が集まっているということでALSの方とその家族の方に少しでも役立つといいなぁと本当に願っています。

  2. 名前:金魚 投稿日:2014/08/25(月) 17:05:04 ID:6289fb5dc

    移転おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>